《スーペリア クローゼット》彼女のウィークエンド

大人の女性のワードローブを扱うセレクトショップ《スーペリア クローゼット》から、 これからの季節に真似したいスタイリッシュなルックが続々到着。 こだわりぬいた素材と、ほどよくトレンドをミックスしたデザインは、毎日のコーデにも取り入れやすい。 そんな《スーペリア クローゼット》の服を着て、さっそく週末の街に繰り出そう!

リボンブラウスで魅せるクラシカルなレディの完成

それ一枚でクラシックな印象のタイ付きブラウスは、ボトムスで全体のバランスを取ることが大切。 極太畝のコーデュロイのワイドパンツで、カジュアルさとこなれ感をプラスして。

ミニマルサイズのジャケットとシャツワンピの高感度ルック

メンズライクなMA-1も、随所にエレガントなデザインをあしらうことでこんなにも女性的に変身。 ミニマルなサイズ感には、ストライプのシャツワンピースを合わせて、感度の高い大人の女性のスタイルに。

コーデュロイとグレンチェックの素材と柄を楽しむ秋本番スタイル

国内でできる最も太い畝を施した希少なコーデュロイコートは風合いも良く、シックなネイビーカラーが大人顔。 グレンチェックのスカートを合わせれば素材と柄で遊んだ秋らしい仕上がり。インナーには赤のニットでアクセントを。

高級感ある光沢を表現した上質素材のダウンがポイント

イタリアの『リモンタ社』×北陸の『小松精錬』のWネーム素材のダウンジャケットは、ダブルフロントで防寒性にも優れた機能的な一着。 イエローカラーで、ダークトーンにまとめがちな冬の装いに彩りを。

ライダースを品良く着るなら全体のトーンを合わせて

滑らかでクタッとした質感が上質さを醸し出すベージュのライダースなら、無骨になりがちなスタイルを上品にまとめてくれる。 ボトムスには同系色を選んで、トーンを合わせるのが正解。仕上げはワインカラーのブラウスで差し色を。

今年、25周年を迎えた《イネド》でトータルコーディネート

パイルの表面変化が特長のボアコートに、独自開発したキュプラ混の糸を使用したタートルニット、 ベロアをクラッシュ加工してヴィンテージ感を表現したスカートなど、イネドの25周年記念アイテムを使った、上質素材のこだわりスタイル。

清楚で女性らしいスタイルはグレンチェックのワンピが決め手

シェットランド原料の糸からこだわり、張りとコシの良い生地でつくり上げたワンピースは、 トラッドなグレンチェックに存在感のあるビジューボタンをつけた女性らしさ満点の一着。 膝下までの丈感も清楚な雰囲気を盛り上げる。

存在感のあるビッググレンチェックのコートは上質なジャパンメイドが特長

毛100%ながらもゴワつかない張り感の良い生地を使用したコートは、ビッググレンチェックで存在感抜群。 日本国内で染色・織・縫製を仕上げたジャパンメイド素材で、袖を通した時の着心地の良さに脱帽。

ストライプのエレガントワンピースは光沢感とカラーチョイスで知的さを演出

テロンとした生地のストライプワンピースは、V字の首元が女性的な印象。 グリーンとゴールドのシックなカラーリングとIラインのシルエットも女性を美しく魅せてくれる。 仕上げにライダースを羽織って、クールで知的な大人の女性を演出して。

発色の良い淡いブルーカラーが愛らしいファーベストが主役

ボリュームを出しながらもソフトな印象のフェイクファーのベストをメインに、チェックのワイドパンツでトラッド感をミックスした上品ルック。 甘くなりがちなファーはかっちりしたシャツやパンツを選んで、品良くまとめるのが◎。