column

TOP > COLUMN > 恋愛礼讃by前田紀至子 > 指先にシュガー

前田紀至子

自己紹介

新潮社nicolaモデルや光文社JJライターを経て日々乙女心を研究して生きています。

ADDRESS

神奈川県

BLOG

恋愛礼讃

COLUMN LIST

girlimg

シュフタビ

家族でマチュピチュへ!(但し日本...

travel旅行

水木香

girlimg

美人歯報

若い人にもっと興味を! 「無難な...

beauty美容

Risayan

girlimg

Appetiteria

Reflection

food

girlimg

Me-ticket

旅×思い出の詰まった洋服たち

lifestyleライフスタイル

たらお

girlimg

Love Addict

国際恋愛の壁!?

love恋愛

Aya

girlimg

Walk in the world

「心に残るもの。」

travel旅行

大森 清香

girlimg

美育Life

現代女性は子宮を酷使しすぎ! 美...

beauty美容

高木沙織

girlimg

恋愛礼讃

指先にシュガー

love恋愛

前田紀至子

girlimg

おいしいSTORY

ジョシだってご馳走する愉しみを味...

food

ほんまちゃん

girlimg

Tokyo+NY

雨の日を楽しく過ごせるカフェ in ...

food

sakie hirai

girlimg

この世界に惚れ込んで

『休日は思いっきりピクニックで。』

art芸術

michiho

girlimg

味わいアジア

朝日と夕日

travel旅行

旅猿69

girlimg

美人の読書〜読書作法の入門〜

「男の作法」でいい男を学ぶ

lifestyleライフスタイル

miku

指先にシュガー

2013.05.17

Fri

セルフネイル派の私は日曜日の午前中に必ずネイルを塗り替えると決めている。良いお天気の日は調子はずれな鼻歌を歌いながら、今ひとつ冴えない空模様の日は気の利いたジャズでも流しながら、自分の気持ちと対話してどんな色を塗るか決める。何回塗り替えてもしっくり来なくて、自己嫌悪に陥りながら何度も塗り直すこともあれば、一発OKで最高にいい気分になる時だってある。たかがネイル、されどネイルなのである。

好きなのはマットなカラー。絵の具をぐりぐりと塗ったような少しいたずらっぽい発色のものや、お菓子やジュエリーのメゾンが使っているような箱に似た発色のものにとても弱い。冬になると毎日のように灰のようなグレーや真夜中の空みたいなネイビー、あるいは「真っ赤」と聞けば誰もが思い描くような王道の赤色(その名も“FIRE”)のネイルで爪先を染めるのがお約束なのだけれど、その反動なのか少し暖かくなると爪は砂糖菓子のような色を纏いたがる。

恋している気分そのもののコットンキャンディーのような甘いピンク、薔薇の味がするマカロンにそっくりな色のピンク、そしてティファニーブルーと呼ばれるような水色も良いし、幼い頃に見た魔法少女の髪の色を思わせる淡いグリーンも胸がときめく。一色のマニキュアで十本の指をお行儀よく染めるのも良いし、ピンクと水色のキキララ配色でツートーンカラーにするのも、トーンを揃えたグリーンとピンク、ヴァイオレットといった数色でランダムに塗るのも結構\好き。

爪先をファンシーな色で染めていると、どこからやってきたのか自分でも分からないようなスウィートな気持ちに支配されて、言動や佇まいまで妙に「女の子」という生き物であることを意識してしまうから不思議。更に女の子だけの楽しみかと思いきや、男の子にとっても“ゴテゴテしていない直球のカワイイ”は理解の範疇らしく「その色可愛いね」と言ってくれるという嬉しいおまけまでついてくる。それに爪というパーツが可愛いと、顔の周りに手を持ってきた時の可愛さだって何割かアップして映る気がする。

指先を好きな色でコーティングする女の子だけの贅沢な遊び。
赤いネイルはレディーの特権、パステルのネイルは乙女の特権。どちらも楽しめるのが女の特権。

< 前のページ12345  最初次のページ >